読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The ordinary life of an extraordinary dog

おかしなオジサンのありふれた1日と特別な1曲。

二日酔いの朝。:「ラーメン食べたい」矢野顕子

本日は軽い二日酔い。

飲みすぎた翌日の朝は、胃が疲れているはずなのに、汁気が多くて、塩分きつめのものが食べたくなる。

味噌汁とか熱いそばとか…

ラーメンとか。

 


矢野顕子 ラーメンたべたい

 

この歌詞に出てくるラーメンは、何ラーメンだろう。

「チャーシューはいらない なるともいらない」って言っているから、たぶん醤油ラーメンなんだろうね。(豚骨ラーメンとか味噌ラーメンには、「なると」はあんまり入れないもんね)

 

この曲の歌詞は、以前に高校の国語の教科書に載ったことがあるそうだ。

で、矢野氏本人によると、掲載されたのは、『感じたことを思いのままに書いてみましょう』というコーナーだったそうだ(ほぼ日刊イトイ新聞 「気仙沼においでよ。矢野顕子の音楽の稽古場」より)。

 

しかし、高校の教科書で「感じたことを思いのままに書いてみましょう」というのは、ある意味すごいよなぁ。

10代後半って、自意識の塊みたいなもんだもん。素直に書けるわけがない。

そんなことをできるのは、小学校低学年くらいまででしょう、普通は。

 

でも、それをできてしまうことが、矢野顕子さんのスゴさなんでしょうね。